2019/12/11 16:21更新

アイコンについて

16番目の授業 パレスチナ問題 トランプ政権と中東

講師
高橋 和夫
(国際政治学者)
放送日時
12/15(日) 9:00  BS231

2016年に開講した「パレスチナ問題」では、国際政治学者の高橋和夫客員教授がパレスチナ問題の起源にさかのぼりながら当時の状況までを解説した。しかし2017年、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都に認定したことで、中東情勢は大きく変化した。トランプ大統領がこの決断を下した背景には何があるのか、そもそも彼が掲げる「アメリカ・ファースト」が本当に意味するものは何か、新しい知見を交えて解説していく。

同じ種類の番組(16番目の授業)

ページ上部へ戻る