2018/11/19 17:22更新

アイコンについて

科学技術倫理と著作権

講師
児玉 晴男
(放送大学教授)

公表された著作物をそのまま引き写す行為に対しては、著作権等の侵害が問われます。一方、その行為が引用として認められれば不問とされます。この関係は倫理的な問題および著作権等の保護と制限に関わりがあり、この関係が相互に混同・誤認にされている状況が頻繁に見られます。 この講義では、著作物や著作権をめぐる課題について適切な理解を得られるよう、科学技術倫理と著作権法のそれぞれの視点から整理します。

ページ上部へ戻る