2018/12/12 10:01更新

アイコンについて

人間発達と初期環境

講師
藤永 保
(お茶の水女子大学名誉教授)

子どもの発達は、幼少期の環境によって、普通想像しえないほど著しく遅滞することがあります。しかし、そこから回復することも可能です。 この講義では、育児放棄により生じた重篤な発達遅滞から、周囲との愛着の成立によって子どもたちが急激な発達を遂げていった事例を、実際に発達援助に携わってこられた藤永保さんに伺います。 回復を支えるものは何なのかを知ることにより、人間発達の可塑性という人間発達の根幹にかかわる問題について理解します。

ページ上部へ戻る