2018/12/03 16:17更新

アイコンについて

患者とともに生きる医療

講師
髙本 眞一
(東京大学名誉教授(三井記念病院院長))

最先端技術というものは、進めば進むほど、人のための技術であるという立脚点を明確にしている必要があります。 心臓外科部門における最先端医療の現場から、「ともに生きるもの」として、患者・医師・看護師・家族・医療従事者が、主体性をもちながら協力する医療体制とはどのようなものなのか、世界的に有名な心臓外科医・高本眞一さんにご紹介いただきます。

ページ上部へ戻る