2018/11/19 17:22更新

アイコンについて

ゆるくて楽しい歩行圏コミュニティー~富山市・高齢社会デザイン開発プロジェクト~

講師
中林 美奈子
(富山大学大学院准教授)
田城 孝雄
(放送大学教授)
放送日時
12/27(木) 1:30  BS231
12/27(木) 17:15  BS231

高齢社会の到来する中、富山市で大学・自治体・大手地場企業・市民各層が「重層的」に協力し取り組んでいるのが「歩いて暮らしたくなるまちづくり」です。 高齢者が街に出て交流を楽しみ、健康を維持することができる生活圏を『歩行圏コミュニティー』と定義し、その実現を目指しています。 その中で先進的な試みのひとつが、「杖」でも「手押し車」でもない「歩行補助車」の開発です。 グッドデザイン賞審査では「ハート(heart)テク機器」と絶賛されたこの「歩行補助車」開発の10年に及ぶ取り組みを紹介します。

ページ上部へ戻る