2019/06/25 16:10更新

アイコンについて

「風狂を生きる精神 ~一休・蕭白からアラーキーまで~」

講師
林 浩平
(詩人)
放送日時
7/18(木) 23:15  BS231

アラーキーとして知られる写真家の荒木経惟さんを、日本の芸術文化史の中でどう位置付けるか。詩人の林浩平は「風狂」というキーワードで思索。風狂の「風」は、ものにとらわれない一種の霊性、「狂」という漢字は制御しがたい獣性のパワーをはらむ。それが合わさった「風狂」、デモーニッシュでもある精神の系譜は、室町期の禅僧・一休宗純、江戸期の絵師・曽我蕭白、そして現代の写真家・荒木経惟にまでつながる。

同じ種類の番組(特別講義)

ページ上部へ戻る