2021/10/25 11:37更新

アイコンについて

講師
  小野 けい子
   (放送大学名誉教授)
  佐藤 仁美
   (放送大学准教授)
放送日時

今回の授業内容

ユングの個性化過程を一種の心理臨床過程とみてユングの描いた絵画を通して考察する。【キーワード】夢、描画、造形、セルフ、曼荼羅、普遍的意識


講義概要

心理臨床の現場においては、クライアント自身の心的現実が重要である。夢、描画、造形作品といったイメージ表現は、客観的現実よりも、その人の心的現実を、その人自身を雄弁に語っている。クライアントの語りも、その方の心的現実として傾聴することが重要である。心理療法というと、ことばによるものを想像されることが多いが、心理療法の方法としてことばのみならず、夢、描画、造形、即興劇、詩歌といったイメージも用いられる。本科目では、こうしたイメージを用いた心理療法について紹介し、心理臨床の中でのイメージの役割について論じる。

同じ科目・コースの番組(専門科目/心理と教育)

ページ上部へ戻る