2021/10/25 11:37更新

アイコンについて

講師
  浅井 紀久夫
   (放送大学教授)
放送日時

今回の授業内容

CGに写実性を与えるため、間接光を与えるグローバルイルミネーションを扱った。光源の照明環境を記録して、CGを描画すれば、その写実性は格段に増す。これを実現する輝度範囲の広い画像や環境マップの技術について解説する。【キーワード】イメージベーストライティング、ハイダイナミックレンジ、環境マップ、トーンマッピング


講義概要

コンピュータグラフィックス(CG)と画像合成について解説する。映画やCM、商品カタログなど、身の回りの映像、画像には、CGや画像合成が広く使われるようになった。CG描画と画像合成の仕組みに重点を置き、その技術の基本原理を、描画例や応用例を示しながら平易に説明する。まず、CGの描画手順、座標変換、3次元形状の生成、画像の生成、質感表現など、CGの原理及び描画の基本的な手法を扱う。そして、リアリティを追求したイメージベースの手法を導入し、パノラマ画像や写真合成といった画像合成へとつなげる。

同じ科目・コースの番組(専門科目/情報)

ページ上部へ戻る