2021/10/08 14:28更新

アイコンについて

講師
  稲村 哲也
   (放送大学特任教授)
放送日時

今回の授業内容

本章では、沖縄県立博物館・美術館と県平和祈念館を中心に、沖縄の歴史、文化、現状、戦争体験などが、展示にどのように表現されるのかを紹介し、博物館展示の意義と内容について考える。また、沖縄本島や離島(石垣島)の他の博物館も取り上げ、それらの博物館の展示が相互に補い合っていることについても学ぶ。【キーワード】琉球王国、沖縄戦、琉球政府、戦争体験、住民証言、いのちのことば、平和の礎、総合展示、部門展示


講義概要

この講義では、人類の遺産、歴史、文化、自然や科学が、いかにして博物館の展示として表現されるのかを、事例を通じて理解するとともに、展示のもつメッセージ性について学ぶ。まず、博物館の種類、展示の種類、展示の構造などの概要を学んだあと、日本と世界の博物館の事例を通して、まず博物館展示の多様な特徴を理解する。さらに、博物館の設立や特別展、リニューアルなどの過程やその背景を知り、多様な展示を比較しながら、展示のコンセプトやメッセージがどのように表現されるのかを理解する。また、博物館展示と社会との相互作用や、展示にこめられたメッセージ性や政治性について考える。

同じ科目・コースの番組(専門科目/人間と文化)

ページ上部へ戻る