2021/10/25 11:37更新

アイコンについて

講師
  安池 智一
   (放送大学教授)
  秋山 良
   (九州大学准教授)
放送日時

今回の授業内容

朝倉-大沢理論を軸にして、エントロピーにまつわる誤解を招きやすいイメージの払拭を試みる。例として自己組織化がエントロピー減少に繋がるとは限らないことを示す。【キーワード】自己組織化、疎水性相互作用、溶媒分子の並進運動効果、ファンデルワールス描像、排除体積


講義概要

私たちは日々の暮らしで、熱と仕事を相互に変換する装置(熱機関)を利用している。熱と仕事の変換が可能であるのは、両者が同じエネルギーの一形態であるためである。一方で同じエネルギーでありながら熱と仕事には等価でない側面がある。巨視的な量の間に成り立つそうした関係は、膨大な実験を通じて確かめられてきた。そうして蓄積された知識を極めてシンプルな数学的体系にまとめあげることに成功したのが熱力学である。この講義では、初学者にとって体系の全貌が比較的つかみやすいスタイルとして、エントロピーを出発点として熱力学を演繹的に導いていくスタイルを採用する。ただし、熱力学の生物、物理、化学に関わる現象への応用を考え、分子論との繋がりについても配慮する。

同じ科目・コースの番組(専門科目/自然と環境)

ページ上部へ戻る