2022/04/20 16:50更新

アイコンについて

大統合自然史 第2回 宇宙創生から物質へ

講師
北野 龍一郎
(高エネルギー加速器研究機構 教授)

ビッグバン直後の物質の原初の姿(現在の標準模型で描かれる素粒子)を出発点として温度・密度が下がる環境の中で存在形態がどんどん変わり、原子ができ、宇宙がはれ上がり、やがて重い元素が構成され…という物質生成のプロセスを解説するとともに、ダークマター、ダークエネルギーなど標準模型を超える宇宙の構成要素について紐解いてゆく。

同じ種類の番組(“科学”からの招待状)

ページ上部へ戻る