2022/08/02 09:40更新

アイコンについて

国際共生に向けた健康への挑戦('08)第8回・9回

講師
多田羅 浩三
(大阪大学名誉教授)
田城 孝雄
(放送大学教授)
ホスラー 晃子
(ニューヨーク州立大学准教授)

◆講義概要 今日、人々の生活は地球規摸の経済環境の中で営まれる。世界中の人間が国境を超えて「共生」している中で、健康の維持・増進、および感染症予防は共通の課題になっている。各国固有の施策の中に共通した課題があり、学び合うことが可能な状況が生まれている。 アジア各国を対象に「共生」という観点から、人々がどのようなヘルスケア・システムの中での生活し、課題へ挑戦しているのか。また、経済、政治でわが国と関係が深いアメリカの健康づくりの現状。WHOの挑戦など、現地取材をふくめ現状報告を中心にすすめる。 ◆授業の目標 世界中の人間が、今日、国境という枠を超えて、共生しているという観点に立って、人々の健康増進、疾病の予防を目的にすすめられてきたヘルスケア・システム拡充の取り組みについて、国々の現状を紹介し、どのような課題に対し、どのような挑戦をしているか、その内容について理解を得るようにする。  第8回「アメリカの公衆衛生システム:母子保健活動を例に」/第9回「生活習慣病予防とコントロールの方法」

同じ種類の番組(放送大学アーカイブス・知の扉)

ページ上部へ戻る