2022/06/20 13:44更新

アイコンについて

生活知と科学知('09)第7回・8回・9回

講師
奈良 由美子
(放送大学教授)
平川 秀幸
(大阪大学教授)
札野 順
(早稲田大学教授)

◆講義概要 科学知(科学的手法によって獲得される客観的な知)と生活知(生活のなかに埋め込まれてきた経験的な知)とはこれまで別々に扱われることが多かった。むしろ、これらを切り離して論じることは、教える側と教えられる側、専門家と一般市民、生産者と消費者といった立場の分離がより明確になることで発展した近代・現代社会になじむものであった。 しかし今日顕在化する様々な問題の解決には、異なる立場間の価値観・意見そして知のコミュニケーションが求められるようになってきている。この授業では、生活知と科学知の観点から、生活および生活者の課題を論究するものである。 ◆授業の目標 人間は誰しも生活する主体(=生活者)である。本科目では、生活を主体的にデザインし構築するてがかりを受講者が得るための、知識の提供と検討能力の育成を行うことを目的とする。  第7回「安全・安心をめぐる知」/第8回「科学技術コミュニケーション」/第9回「生活における科学知の利用-サイエンスショップの取り組み-」

同じ種類の番組(放送大学アーカイブス・知の扉)

ページ上部へ戻る