2021/11/30 14:41更新

アイコンについて

放送大学アーカイブス・知の扉 実践英語-映画とドラマで学ぶ('10)第13回・14回・15回

講師
大石 和欣
(東京大学教授)
井口 篤
(慶応義塾大学准教授)
大橋 理枝
(放送大学教授)
ステユウット・ヴァーナム‐アットキン
(役者・作家)

◆講義概要 海外のテレビドラマや映像資料をふんだんに用い、視覚と体感から実践的な英語コミュニケーション能力の強化を意図しています。毎回、映画のワン・シーンをスキットにして、そこで使われた表現を中心に実践的な会話をできるよう解説と練習問題、さらにはシュチュエーション・プレイなども番組の中に取り入れています。 ◆授業の目標 発音やコミュニケーションのマナーといった基本的な問題を考えると同時に、これまで学んできた英語を実際にどのように運用していくのか、その応用能力を映画のシーンや練習問題で養います。また、英語の裏にある歴史的、文化的背景についても学び、グローバル化が進む現代社会における異文化理解を促進し、多文化共生の可能性についても考えます。

同じ種類の番組(放送大学アーカイブス・知の扉)

ページ上部へ戻る