2022/05/17 09:56更新

アイコンについて

Walking with Writers- A Literary Journey around England('16)第4回・5回・6回

講師
井口 篤
(慶應義塾大学准教授)
ステユウット・ヴァーナム‐アットキン
(ナレーター・役者・作家)

この講義は、イギリス文学に関連の深い場所を訪ね、これらの場所で活躍した作家たちの作品や彼らの生涯について英語で学ぶ「文学散歩」である。具体的には、ドーヴァー、カンタベリ、ケンブリッジ、キングス・リン、ハワース、湖水地方、シュールズベリ、オックスフォードなどを舞台として執筆活動した作家たちが、どのような歴史的文脈において、そしてどのような風景の中で作品を書いたのかについて理解を深めるために、これらの作家たちと関連が深い風景や建物を映像で紹介する。 作品の引用、映像のナレーション、そしてインタビューなどには英語が使用されるが、使われた英語表現や文法のうち重要なもの、そして注釈が必要な歴史的・文化的内容などに関しては、スタジオでの講義において講師たちが (主として英語で) 説明する。発音のポイントなどについても随時解説し、発音練習をする機会を設ける。

同じ種類の番組(放送大学アーカイブス・知の扉)

ページ上部へ戻る