2021/07/21 16:33更新

アイコンについて

危機の心理学第9回

講師
  森 津太子
   (放送大学教授)
  星 薫
   (放送大学客員准教授)
放送日時
【月曜日 22:30~23:15】

今回の授業内容

我々の周りには、さまざまな危機があふれている。しかし、ここまで見てきたように、そうした危機に我々は驚くほど無頓着であったり、時には必要以上に恐怖を抱いていたりする。なぜ我々は危機に対して、このような認識の誤りを持ち、またそのことは、どのような問題を引き起こす可能性があるのだろうか。このような問題を手がかりとし、第15回では、危機を心理学的にとらえることの意義を考えていく。【キーワード】心配総量有限仮説、議題設定効果、危機と好機、後悔感情、安心社会と信頼社会


講義概要

我々の周囲には、さまざまな危機があふれている。しかし、そうした危機に我々は驚くほど無頓着であったり、時には、必要以上に恐怖を抱いていたりする。本講義では、こうした危機に対する我々の認識のバイアスを前提として、危機を呼び込んでしまう心理的機能や、危機に直面したときの心理的反応など、具体的な危機にまつわる問題を、心理学的な側面から検討していく。さらには、こうした検討をもとに、危機に対して、効果的に対処したり、回避したり、克服したりする方法や、将来、巻き込まれるかもしれない危機に対して、どのような教育が有効かについても考えていく。

同じ科目・コースの番組(専門科目/心理と教育)

ページ上部へ戻る