2022/01/18 10:54更新

アイコンについて

現代社会の児童生徒指導第9回

講師
  古賀 正義
   (中央大学教授)
  山田 哲也
   (一橋大学大学院教授)
放送日時
【木曜日 17:15~18:00】
  2/2(水) 18:45  BS231

今回の授業内容

子ども・若者の生活世界の今日的変化は、ネット社会や格差社会の進展と不可分なものであり、そのことを踏まえて、児童生徒の正確な理解と指導実践の構築を図ることが必要である。「小さな社会としての学校」の再考を教育的に問いかける。【キーワード】格差社会、グローバル化と情報化の進展、学校が果たす役割の再考


講義概要

児童生徒指導あるいは生活指導は、学校教育において、教科指導と並ぶ重要な教育活動である。今日、こうした指導は問題行動への対応という治療的予防的側面のみならず、全ての児童生徒を対象に、集団活動を通した社会的リテラシーや市民性の形成というより開発的側面への理解を必要としている。講義では、児童生徒指導の意義・目的、児童生徒理解の方法、児童生徒集団の理解、教師の組織的指導方法など指導実践の最新の課題を解説するとともに、問題行動に対する具体的な指導法、また集団活動を通した社会性形成の方法、さらに家庭や地域社会、NPO等の教育関連諸機関と連携した実践といった今日的な諸課題についても取り上げる。全体を通して、受講する教師の皆さんをはじめ教育関係者の方々を意識しつつ、現代社会の中での児童生徒指導の意義を論じる。

同じ科目・コースの番組(専門科目/心理と教育)

ページ上部へ戻る