2021/11/24 11:45更新

アイコンについて

乳幼児・児童の心理臨床第10回

講師
  小林 真理子
   (放送大学教授)
  塩﨑 尚美
   (日本女子大学教授)
放送日時
【火曜日 17:15~18:00】
  12/7(火) 17:15  BS232
  12/8(水) 8:15  BS231

今回の授業内容

施設における心理職は新たに加わった専門職であり、児童福祉臨床において社会的養護の仕組みを知ることは必須事項である。施設における心理職の働き方については、現在いくつかの立場がある。実際にどういった立ち位置を取るかは、施設の状況もあり簡単ではないが、「共同養育」の視点をもとに、他職種(多職種)協働における専門職としての心理職の貢献について理解を深める。【キーワード】社会的養護、児童養護施設、施設における心理支援、連携・協働


講義概要

子どもを取り巻く厳しい現状の中で、子どもを対象として援助活動をしている臨床心理士は多く、その領域は拡大している。本科目では、前半に総論として、子どもの心の発達および子どもの心理療法の理論と方法について概説する。後半に各論として、保健・保育、教育、医療、福祉のさまざまな領域における子どもと家族への心理的支援の実際を紹介する。また、児童虐待、発達障害、離婚・ひとり親家庭の子ども、震災後の心理支援等のトピックスについても取り上げ、臨床心理士の果たす役割について論じる。

同じ科目・コースの番組(専門科目/心理と教育)

ページ上部へ戻る