2021/09/13 11:55更新

アイコンについて

思春期・青年期の心理臨床第7回

講師
  大山 泰宏
   (放送大学教授)
放送日時
【土曜日 10:30~11:15】

今回の授業内容

思春期・青年期の子どもたちにとって、学校は無視できない存在である。そこに行くことを選択するにせよ、行かないことを決意するにせよ、常にそれを意識せざるをえない。ここでは、子どもたちにとって学校がどのような位置づけにあるのか、どのようなテーマがそことの関わりで生じてくるのかを論じる。【キーワード】クラス、スクールカウセンリング、集団


講義概要

思春期・青年期は、子どもから大人に変容する時期であり、この時期特有のさまざまな心理的問題が出現することがある。この科目では、心理臨床の実践の視座からこの時期を捉え、この時期がはらむ問題について考究する。

同じ科目・コースの番組(専門科目/心理と教育)

ページ上部へ戻る