2022/01/25 10:43更新

アイコンについて

『方丈記』と『徒然草』第11回

講師
  島内 裕子
   (放送大学教授)
放送日時
【土曜日 23:15~24:00】
  1/27(木) 15:45  BS231

今回の授業内容

『徒然草』の達成域を、第百八十九段の人生論と文体を通して考える。また、第五十五段や第百三十七段を通して、兼好の理想とする住まいについて考察し、『徒然草』という作品の書かれた意義を明らかにする。【キーワード】第百八十九段、第五十五段、第百三十七段、不定、住まい、兼好執筆図、散文


講義概要

『方丈記』と『徒然草』は、日本の古典文学の中でも、とりわけよく知られているだけでなく、後世の文学や美術に及ぼした影響力が大きかった作品である。両作品とも、明晰な論理性と気韻に富む文体で、人間認識と社会認識などの多様な思索を展開しており、圧倒的な写実力と説得力を特徴としている。本科目では、両作品の本文を味読することに加えて、その先蹤としての『枕草子』も取り上げる。テレビの長所を利用し、美術化された作品や、数々の注釈書の挿絵や、ゆかりの場所を映像として提供する。これによって、この二つの名作は現代社会に身近で切実な作品となり、「よりよく生きる」意味を受講者が考える契機となることが期待される。

同じ科目・コースの番組(専門科目/人間と文化)

ページ上部へ戻る