2021/10/08 14:28更新

アイコンについて

コンピュータと人間の接点第2回

講師
  黒須 正明
   (放送大学名誉教授)
  暦本 純一
   (東京大学教授)
放送日時
【水曜日 20:15~21:00】

今回の授業内容

インタフェースを設計するために欠かすことができないのは、デザインのアプローチである。それは単に外観形状をつくるものではなく、モノやコトのコンセプトをデザインすることである。そうしたデザインアプローチの特徴や多様なアプローチについて学ぶ。【キーワード】グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、インタラクションデザイン、タスク分析、動作分析、メタファ、アフォーダンス、課題分析、プロトタイピング


講義概要

コンピュータと人間の接点、つまりヒューマンインタフェースという領域は、情報科学を中心にして比較的最近発達してきたものです。ここでは、その領域について、まずインタフェースという基本概念を、次いで人間についてその多様性やその設計のあり方、その社会的側面などを学びます。さらに、ここ30年ほどの間に開発されてきたさまざまな技術について学びます。

同じ科目・コースの番組(専門科目/情報)

ページ上部へ戻る