2021/10/08 14:28更新

アイコンについて

情報社会のユニバーサルデザイン第2回

講師
  広瀬 洋子
   (放送大学教授)
  関根 千佳
   (同志社大学客員教授)
放送日時
【土曜日 15:00~15:45】

今回の授業内容

国連の障害者権利条約を受け、各国には、障害者への差別を禁止する法律が多数制定された。日本でも、2016年に障害者差別解消法が施行されている。ただ、ユニバーサルデザインを徹底するという点では、まだ課題も残る。米国の取組みを例にケーススタディを行う。【キーワード】障害者の権利に関する条約、障害者差別解消法、リハビリテーション法508条


講義概要

情報技術の進展により、情報は現代社会において大きな意味を持つ。情報は、まちづくり、ものづくり、教育、交通など、生活のあらゆる場で不可欠なものである。しかし、現代社会においては、多様なニーズを持つ人々が、情報、教育、放送メディア、社会活動などに「アクセス」することの重要性に対する認識が高まっている。この講義では、情報や教育のアクセシビリティを中心に、国内外の状況、支援技術やユニバーサルデザインの状況を理解し、高齢化、情報化の進む21世紀における人間と情報の在り方について考える。

同じ科目・コースの番組(専門科目/情報)

ページ上部へ戻る