2021/11/24 11:45更新

アイコンについて

コンピュータ通信概論第10回

講師
  葉田 善章
   (放送大学准教授)
放送日時
【日曜日 12:45~13:30】
  12/5(日) 12:45  BS531

今回の授業内容

インターネットは世界的な通信を実現するネットワークであり、離れた場所を結ぶ通信を実現するために用いられる衛星通信や海底ケーブルについて紹介する。衛星通信は通信エリアが広く、多数の基地局に情報を配信する同報性が高いという特徴がある。人工衛星を用いた通信サービスや、トランスポンダーと呼ばれる中継器を搭載する通信衛星の構成について学ぶ。そして、遠距離通信の例として宇宙探索衛星の通信について学ぶ。その後、国際的な通信を実現する海底ケーブルによる通信やケーブルの敷設について学ぶ。【キーワード】衛星通信、トランスポンダー、惑星探索、海底ケーブル


講義概要

通信は現代のヒトとヒトのコミュニケーションを支えるとともに、高度なコンピュータ社会を支える重要な基盤技術となった。本科目では、有線・無線を問わず、データを信号で表現し、遠くまで伝送する通信の基本的なしくみを学ぶとともに、無線LANや携帯電話などの移動体通信、衛星通信や海底ケーブルを例にしながら現代の通信について学ぶ。そして、モノのインターネットも呼ばれるIoT (Internet of Thins)に代表される高度化する将来のコンピュータ通信について概観する。

同じ科目・コースの番組(専門科目/情報)

ページ上部へ戻る