2021/07/21 16:33更新

アイコンについて

家族と高齢社会の法第4回

講師
  川島 志保
   (川島法律事務所弁護士)
  関 ふ佐子
   (横浜国立大学大学院教授)
放送日時
【木曜日 15:45~16:30】

今回の授業内容

これまでの講義で学んだことを再確認するとともに変容する家族の将来と今後の課題を、授業を担当した講師が、それぞれまとめ、高齢社会の将来像を考察する。【キーワード】家族、世帯、年金制度、3号被保険者、離婚、養育費、面会交流、ワンストップサービス、無縁社会、成年後見制度、市町村長申立、権利侵害、成年後見人等の不祥事、地域包括ケアシステム、住まい、意思決定、介護者支援、社会保障、持続可能性、世代間公正、高齢者像、人生90年時代


講義概要

この講義では、人生90年時代の高齢社会において家族がライフステージを通じて向き合う具体的な事例を素材に、法的なものの考え方を伝えていく。法的なものの考え方は、家族が何らかのトラブルに直面した際の紛争解決にあたって役立つとともに、家族が安心して生活できる社会の基盤となる法制度のあり方を考えるうえでも必要となる。講義の前半は、主に人生の前半で家族が直面しうる婚姻、親子、離婚、虐待をめぐる法的諸問題を素材に、紛争解決のあり方を勉強する。講義の後半は、家族から自律した高齢期を支える仕事や所得保障、老いじたくとなる成年後見や相続・財産管理、さらには家族機能が低下した高齢社会における介護・住まい方・医療をめぐる法的諸問題を素材とする。そして、これら法的諸問題の紛争解決について勉強するとともに、家族による支えあい機能を補完・代替・補強する社会保障制度のあり方について学んでいく。

同じ科目・コースの番組(専門科目/社会と産業)

ページ上部へ戻る