2021/11/30 14:42更新

アイコンについて

著作権法第9回

講師
  作花 文雄
   (放送大学客員教授)
放送日時
【木曜日 15:45~16:30】

今回の授業内容

著作物等は国境を越えて利用されるものであることから、関連する条約の保護の原則を理解することが重要である。時代の進展に応じて、著作権及び著作隣接権に関して多様な条約の整備がなされており、国内の法制度の整備にも大きな影響を与えている。著作権等に関する主要な条約の制定経緯、内容等を解説する。【キーワード】ベルヌ条約、WCT、レコード保護条約、実演家等保護条約、WPPT、北京条約、TRIPs協定、TPP協定


講義概要

情報社会あるいは知識基盤社会と呼ばれる今日において、知的財産の創造を促進し、その有効かつ適切な活用を図る上で、知的財産権に関する法制度が重要な役割を果たす。知的財産権制度の中にあって、小説や論文、美術、デザイン、音楽、映画、アニメ、プログラムなどの著作物、及びレコード、アーティスト、放送等を保護する著作権法は、特定の職業に携わる方々のみならず、全ての人々にかかわる法律であり、この講義では、著作権制度の基本的な事項及び実際的な課題について総合的に学習を進めていく。

同じ科目・コースの番組(専門科目/社会と産業)

ページ上部へ戻る