2021/11/30 14:41更新

アイコンについて

地球温暖化と社会イノベーション第9回

講師
  六川 修一
   (防災科学技術研究所主幹研究員)
  向井 人史
   (国立環境研究所気候変動適応センター長)
放送日時
【月曜日 18:00~18:45】

今回の授業内容

地球温暖化問題の解決に有効なICTの活用について、その効果と省エネルギー対策、ならびにICTを活用した適応型ソリューションについて理解する。さらに、ICTによってスマート化された社会システムであるスマートコミュニティについて、その概要ならびに国内における事例について理解する。【キーワード】CO2排出削減効果、スマートコミュニティ、スマートグリッド、スマートメーター、EMS、エネルギー貯蔵技術


講義概要

温暖化に代表される地球環境問題は人類ならびに地球全体の問題である。これまで、温暖化の原因研究や将来の影響予測等とともに、緩和策・適応策に関する研究や議論がIPCCやCOPの場で長く行われてきた。そして、2015年COP21「パリ協定」が締結され、ようやく途上国、先進国が一丸となって、温度上昇の目標設定、緩和量の各国目標設定、資金提供、これらに対する観測、報告、評価などに向けて初めての一貫した方針が出された。本講座では、これまでの地球温暖化問題の研究の歴史とともに研究成果を整理した後、政府、企業、研究機関、市民それぞれの現在の取り組み内容を俯瞰し、この問題解決のために人類が取り得る行動とその可能性について考える。

同じ科目・コースの番組(専門科目/社会と産業)

ページ上部へ戻る