2021/07/21 16:33更新

アイコンについて

社会福祉への招待第15回

講師
  岩田 正美
   (日本女子大学名誉教授)
放送日時
【土曜日 09:45~10:30】

今回の授業内容

21世紀は、産業構造、雇用慣行、人口構造、家族のあり方の大きな変化がより明瞭になり、福祉国家の制御不能な諸問題が出現している。あらためて、社会福祉は誰のために、どのようにあるべきなのかが問われている。【キーワード】福祉バッシング、社会参加(包摂)の経路、自立と社会連帯


講義概要

社会福祉とは何か、それはどうあるべきかを明らかにすることは容易くない。だが、社会福祉は、すでに今日の私たちの生活に深く関連し、そのあり方は、社会の方向性を指し示している。本講義では、そうした「事実」としての社会福祉の姿を、いくつかの側面から具体的に示し、またそれらの「事実」を規定している社会福祉の多様な「価値」について、受講者と共に考えていきたい。それは少子高齢化という人口構成の変動、家族や労働のあり方の変貌、格差の拡大といった現代社会のあり方を考える素材でもあり、社会福祉や保健医療の専門家だけでなく一般市民が共に学ぶ必要がある。なおこの科目は看護師資格科目としても位置づけられている。

同じ科目・コースの番組(導入科目/生活と福祉)

ページ上部へ戻る