2021/10/08 14:28更新

アイコンについて

初歩からの物理第1回

講師
  岸根 順一郎
   (放送大学教授)
  米谷 民明
   (東京大学名誉教授)
放送日時
【金曜日 21:45~22:30】

今回の授業内容

エネルギーという言葉は身近な分だけ誤解や混乱も招きやすい。まずは力学的エネルギーについて述べ、さらに物理学全体におけるエネルギー概念の意義を述べる。散逸や不可逆性といったキーワードにも触れる。


講義概要

本科目は「自然と環境コース」が提供する物理系4科目(下記「関連する科目名」参照)への導入としての役割を果たす。対象として自然科学に関心を持つすべての学生を念頭に置き、「物理法則に基づいて自然現象を記述する」見方、考え方を伝える。第1回で物理的自然観を概観し、第2~4回で物理学の基盤である力学の論理と方法、第5~7回で環境問題を含む熱学的自然観、第8~9回では波動現象と場の考え方を扱う。第10~13回は、電気と磁気、電磁波そして相対性理論の初歩を扱う。さらに第14、15回で物質の原子・分子からの成り立ちや、さらにミクロな世界を理解するのに必要な量子の世界の法則を垣間見る。

同じ科目・コースの番組(導入科目/自然と環境)

ページ上部へ戻る