2021/10/25 11:37更新

アイコンについて

講師
  橋本 健朗
   (放送大学教授)
放送日時

今回の授業内容

細胞内でおこる様々な化学反応において、触媒として働いているのが酵素である。酵素の多くはタンパク質であり、触媒として機能する際には、多様な化学結合が重要な役割を果たしている。本章ではDNAポリメラーゼを例にとり、酵素による触媒(本章の例ではDNA伸長)メカニズムを解説する。【キーワード】酵素、DNA伸長、DNAポリメラーゼ、求核置換反応


講義概要

分子が示す様々な機能は、分子の構造と電子状態によって決まる。これらは化学結合論により関係づけられる。本科目では、共有結合・イオン結合・配位結合といった代表的化学結合とそれらができる仕組み、分子の立体構造、さらに分子間相互作用を、電子の振る舞いにまで踏み込み、量子力学の観点から整理する。その上で、機能性材料の設計指針となる分子および分子集合体の構造形成・機能発現の原理、放射線による化学結合の破壊と生体影響、生体分子の構造と機能および医薬品の働きの学習を通して、化学結合を総合的、俯瞰的に理解する。

同じ科目・コースの番組(導入科目/自然と環境)

ページ上部へ戻る