2021/10/08 14:28更新

アイコンについて

講師
  大野 昭彦
   (青山学院大学教授)
放送日時

今回の授業内容

世界のマイクロファイナンスの先駆けとなったバングラデシュのグラミン銀行の仕組み、意義、その後の展開について講義する。最後に、マイクロファイナンス革命と称される1990年代末頃以降のマイクロファイナンスの商業化論との関連で、グラミン銀行型のマイクロファイナンスの位置づけ、評価を行う。【キーワード】金融制度革新、マイクロ・ファイナンス、女性、バングラデシュ、ムハマド・ユヌス


講義概要

この講義は、アジアの農村を対象として、(1)人口と農業、(2)むら共同体の機能、(3)市場を形成する商人(財市場)、そして(4)農村金融市場の4つの柱で構成される。「人口と農業」以外では、初めの講義で議論の枠組みを説明して、そのあとで「開発の現場」を念頭に置いた講義がなされる。アジアは多様であり、すべての地域に妥当する結論の提示はできない。ひとつの地域でえられた知識を普遍化することは、危険性をはらむものである。そこで、時間の許す限り、いくつかの地域を比較した議論をする。

同じ科目・コースの番組(総合科目/社会と産業)

ページ上部へ戻る