2021/10/08 14:28更新

アイコンについて

講師
  白鳥 潤一郎
   (放送大学准教授)
  高橋 和夫
   (放送大学名誉教授、国際政治学者)
放送日時

今回の授業内容

湾岸戦争における「外交敗戦」を機に日本は様々な国際安全保障へ参画するようになった。現在曲がり角を迎えているその取り組みを包括的に論じる。【キーワード】国連中心主義、国際協力構想、湾岸戦争、PKO、平和構築、「対テロ戦争」


講義概要

日本は世界の中にあり、また世界第三位の経済大国である日本の対外的な行動は世界の行方にも大きな影響を与える。本科目では、世界と日本の繋がりに重点を置きつつ、歴史的な経緯を押さえることで、「現在」の日本が置かれている状況を空間的・時間的な広がりの中で描き出す。導入として日本外交の歴史を概観した上で、アメリカ、北東アジア、ヨーロッパ、中東及びアフリカといった各地域、また核兵器やドローンやサイバー空間といった新しい安全保障について、それぞれの問題と日本の対応を取り上げる。対象にするのは第一義的には本学の学生であるが、この問題を理解する必要のある全ての人々を潜在的な視聴者と考えている。

同じ科目・コースの番組(総合科目/社会と産業)

ページ上部へ戻る