2021/10/25 11:37更新

アイコンについて

講師
  小川 俊樹
   (筑波大学名誉教授)
  倉光 修
   (放送大学特任教授)
放送日時

今回の授業内容

心理療法やカウンセリングのアプローチには、これまで本書で取り上げられてきたものを含めて、数多くの種類がある。ここでは、我が国で開発された3つのアプローチ、森田療法、内観療法、臨床動作法を紹介する。【キーワード】森田療法、内観療法、臨床動作法


講義概要

臨床心理学特論では、心理臨床活動の基礎となる、さまざまな理論、そして心理臨床において必要な基本的知識や技法などを概説する。心理臨床活動の分野は、教育臨床、病院臨床、あるいは矯正や産業などの臨床分野と巾広くかつ多様である。それぞれの活動分野によっては対象が異なるために、必要とされる知識や技法などに相違はあるものの、心の専門家としての基本的な視座が存在する。このような観点から、総論として臨床心理学の定義、歴史、基本理論を、そして各論として、臨床心理士の営為である心理査定、心理面接(心理療法)、地域援助(コンサルテーション)について解説する。ついで、各分野における心理臨床活動の実地について紹介する。

同じ科目・コースの番組(専門科目/臨床心理学)

ページ上部へ戻る