2021/11/24 11:45更新

アイコンについて

講師
  中谷 多哉子
   (放送大学教授)
  辰己 丈夫
   (放送大学教授)
放送日時

今回の授業内容

ソフトウェア技術者が自身の開発能力を定量的に評価するための手法を紹介する。履修生は、プロセスに基づくソフトウェア開発とデータに基づく自己改善手法を理解できるようになる。【キーワード】プロセス教育、PSP(Personal Software Process)、自己改善


講義概要

コンピュータ上で稼働する情報システムは、我々の生活を支え、様々な利便性を提供してくれている。このような情報システムを作るためには、様々な分析技術と設計技術が必要となる。本講義では、高度なネットワーク環境上でコンピュータを活用するための情報技術、人と人の相互理解に使われる情報技術、情報システムを開発する技術といった多様な技術を学びながら、それらが我々の社会生活を支えるために果たしている役割を理解する。

同じ科目・コースの番組(専門科目/情報学)

ページ上部へ戻る