2021/09/24 13:19更新

アイコンについて

社会福祉実践の理論と実際第3回

講師
  横山 登志子
   (札幌学院大学教授)
放送日時
【月曜日 14:15~15:00】
  10/18(月) 14:15  BS531

今回の授業内容

欧米の宗教的な慈善活動のなかからソーシャルワークが誕生し、現在約100年の歴史を有している。ソーシャルワークの前史、あるいは約100年の歩みを概観し、その歴史から学ぶことは何かを考える。【キーワード】COS運動、セツルメント運動、ボランタリズム、リッチモンド、アダムズ


講義概要

現代社会における激しい社会変動は、家族や地域生活のあり方、労働場面等に大きな影響を与えている。また、少子高齢化社会の到来により、夫婦や親子、地域社会のあり方などが大きく変容し、人々の生活基盤は脆弱になっている。そのようななか、豊かで安定した生活を支援するための社会福祉実践はますます重要になっている。社会福祉実践は多岐にわたるが、本講義ではⅠ部(1回から10回)では社会福祉実践の理論的な枠組みとしてソーシャルワークの理論を学ぶとともに、Ⅱ部(11回から15回)では具体的な実践事例についても理解する。社会福祉士等、福祉関係の国家資格を目指す人に基礎知識を提供することが可能である。

同じ科目・コースの番組(専門科目/生活と福祉)

ページ上部へ戻る