2021/09/13 11:54更新

アイコンについて

講師
  木嶋 恭一
   (東京工業大学名誉教授、バンドン工科大学特別客員教授)
  岸 眞理子
   (法政大学教授)
放送日時

今回の授業内容

この回では、組織のコミュニケーションを検討する際に不可欠な理論や概念について学習する。まず、基礎となるコミュニケーション・モデルについて理解する。次に、ICT(情報技術)によるコミュニケーションの技術的特性、ICTによるコミュニケーションの分類とその組織的効果について検討する。さらに、組織がリレーションシップを構築するコミュニケーションを実行する際に考慮すべきディジタル・メディアの活用と、メディア能力としてのメディア・リッチネスについて取り上げる。【キーワード】コミュニケーション・モデル、ICTによるコミュニケーション、トランザクション的コミュニケーション、リレーションシップ的コミュニケーション、メディア・リッチネス、ディジタル・メディアの組織的活用


講義概要

経営情報学は、人と組織と技術を経営の視点から包括的に研究する学問領域である。ディジタル化の進展により情報技術がめざましい発展を遂げている現在、改めて情報技術と人間系との関わりが問われている。情報技術は企業組織のイノベーション、成長の原動力として、知識社会におけるビジネスの基礎ではあるが、情報技術利活用の基礎となる人間の知性と分析的な能力があってこそ新たな価値を創出することができる。その意味で、情報技術の実際と可能性を踏まえた上で、人間系、機械系をシームレスに繋いだ経営情報の体系化が求められている。この科目では、経営情報学の基礎となる理論や概念について学ぶとともに、優れた経営情報システムの事例研究にも言及して、企業組織の有効な情報利活用について理論的・実践的に学習する。さらに、企業や社会を取り巻く情報技術環境の急速な変化とそれがもたらすインパクトについても理解する。

同じ科目・コースの番組(専門科目/社会と産業)

ページ上部へ戻る