更新

感覚と応答の生物学第1回

講師
二河 成男
(放送大学教授)
放送日時
【火曜日 27:00~27:45】
  BS231

今回の授業内容

感覚と応答


講義概要

生物に共通に見られる特徴の一つに環境への応答がある。これは、刺激の受容、その伝達、刺激に対する適切な応答の選択、実際の応答といった複数の段階を経るものである。動物であれば、受容は感覚器で行われ、その情報は神経系などを介して脳などの中枢神経系に伝達され、適切な情報処理が行われ、最終的に行動、生理的な変化、ホルモンの分泌などの応答となって現れる。異物に対する免疫応答も免疫系への刺激と応答と見ることもできる。また、植物や他の生物でも、刺激の受容と応答の仕組みを備えている。このような感覚と応答について、分子、細胞、組織、器官、個体、集団のレベルで解説する。

同じ科目・コースの番組(専門科目/自然と環境)

ページ上部へ戻る