2021/11/24 11:45更新

アイコンについて

数値の処理と数値解析第11回

講師
  櫻井 鉄也
   (筑波大学教授)
放送日時
【金曜日 12:45~13:30】
  12/10(金) 12:45  BS531

今回の授業内容

シミュレーションなどを行うとき、行列の要素の多くが0となるような疎行列が現れることが多い。このような疎行列の効率的なデータ表現方法や計算法について説明する。また、疎行列を係数行列とする連立一次方程式の解法について紹介する。【キーワード】疎行列、行列ベクトル積、共役勾配法、前処理


講義概要

数学や物理で現れる方程式は、式が複雑になると答えを与える公式がない、あるいは簡単には答えが得られない場合も多い。このようなとき、コンピュータを用いて数値計算で解を求めるのが数値解析である。数値解析は、自然現象のシミュレーションやデータの分析、製品の設計や開発、信号処理や画像解析など、幅広い分野で利用されている。本講では、コンピュータを用いて数値計算を行うときに必要となる数値の表現や処理について理解する。また、各種の問題に応じた計算方法について基本的な手法を修得する。計算方法を記述するためのアルゴリズムやそれをコンピュータに指示するためのプログラムについても概説する。

同じ科目・コースの番組(専門科目/情報)

ページ上部へ戻る