2021/10/08 14:28更新

アイコンについて

CGと画像合成の基礎第4回

講師
  浅井 紀久夫
   (放送大学教授)
放送日時
【水曜日 12:45~13:30】
  10/27(水) 12:45  BS531

今回の授業内容

コンピュータで物の形を表現しようとするとき、数値で記述する必要がある。これを、モデリングという。このモデリングの手法を紹介する。3次元形状である多面体の表現法、曲線・曲面の表現法、立体形状を多角形の集合であるポリゴンで表す方法を示す。【キーワード】モデリング、立体形状、表現法、ポリゴン曲面


講義概要

コンピュータグラフィックス(CG)と画像合成について解説する。映画やCM、商品カタログなど、身の回りの映像、画像には、CGや画像合成が広く使われるようになった。CG描画と画像合成の仕組みに重点を置き、その技術の基本原理を、描画例や応用例を示しながら平易に説明する。まず、CGの描画手順、座標変換、3次元形状の生成、画像の生成、質感表現など、CGの原理及び描画の基本的な手法を扱う。そして、リアリティを追求したイメージベースの手法を導入し、パノラマ画像や写真合成といった画像合成へとつなげる。

同じ科目・コースの番組(専門科目/情報)

ページ上部へ戻る