2021/10/19 16:14更新

アイコンについて

講師
  鈴木 一史
   (放送大学教授)
放送日時

今回の授業内容

バイナリサーチツリーに対する基本的な操作として、ノードの探索、ノードの挿入、ノードの削除、ツリーの走査などがある。この回では、その他の応用的な操作について考える。また、バイナリサーチツリーの問題点について考える。そして、平衡木の仕組みと性質について学習する。【キーワード】ツリー削除、ツリーのパス、ノード反転、平衡木、計算量、AVLツリー


講義概要

計算機科学において重要な“データ構造”と“プログラミング”について学習する。基本的なデータ構造の例として、配列、スタック、キュー、連結リスト、双方向連結リスト、環状連結リスト、バイナリサーチツリー、平衡木、ハッシュテーブル、ヒープ、グラフ等について学習する。また、これらのデータ構造を利用したデータの基礎的な操作(探索、挿入、削除、整列)等について学び、各データ構造の特性や計算量の関係を知ることによって、ソフトウェアの設計やプログラミングに応用できるようにする。

同じ科目・コースの番組(専門科目/情報)

ページ上部へ戻る