2021/10/08 14:28更新

アイコンについて

ヘルスリサーチの方法論第1回

講師
  井上 洋士
   (順天堂大学大学院特任教授)
放送日時
【金曜日 25:30~26:15】

今回の授業内容

ヘルスリサーチにおいて質的研究にはどのような役割があるのか、どのような場合に質的研究を選択するとよいのか、質的研究により厚みが出る研究テーマはどういうものなのかについて説明する、また、研究テーマなどにより、どの方法を選択したらよいかを考える。【キーワード】質的データ、実践科学、専門性への問い直し


講義概要

健康や保健医療に関する研究には、基盤となるアプローチがあるのと同時に、多様な研究方法が存在する。調査研究について大別すれば、量的研究や質的研究があり、またそれらを組み合わせた方法論的トライアンギュレーションも存在する。また、たとえば量的研究においても、介入的研究や質問紙による調査、ウェブ調査なども存在する。本科目では、研究遂行のためのガイドとなるべく、健康や保健医療の研究のアプローチの基礎について概略を紹介し、一部の方法については具体的に言及する。保健・医療・看護・健康に関連する学生をコアターゲットとして考えているものの、福祉、生活、心理、教育、社会など、幅広い領域の学生も受講できるよう、また内容的にも各自の研究に十分役立つよう、工夫してある。

同じ科目・コースの番組(専門科目/生活健康科学)

ページ上部へ戻る