2021/11/30 14:42更新

アイコンについて

講師
  近藤 成一
   (放送大学教授)
  杉森 哲也
   (放送大学教授)
放送日時

今回の授業内容

古代・中世史料を読んできたまとめとして、今日われわれの利用する史料がどのようにして伝わってきたかという問題を考える。具体的には古記録の伝来と古文書の伝来についてそれぞれ考える。【キーワード】源俊房、『水左記』、蓮華王院宝蔵、手継券文、本公験、四至


講義概要

本科目は大学院では唯一の日本史科目であり、古代から近代に至る歴史を対象とする。日本史の学習・研究において、歴史研究の素材である史料を正確に読解し理解することは、最も基本的な作業である。本科目では、古代から近代に至る様々な史料を取り上げ、それらを読み解く基礎について学習する。

同じ科目・コースの番組(専門科目/人文学)

ページ上部へ戻る