2021/10/25 11:37更新

アイコンについて

講師
  川原 靖弘
   (放送大学准教授)
  斎藤 参郎
   (福岡大学教授)
放送日時

今回の授業内容

先進のICT技術を用いた、まちの滞在価値向上やリピート来訪率向上に向けた取り組みは、都心部のみならず地方創生の試みの場でも活用されはじめてきている。消費者の行動情報や生理情報のマーケティングへの応用事例や未来のまち空間における来街者行動に合わせたインタフェースのあり方について解説する。【キーワード】実空間マーケティング、CRM、快適度、ユーザインタフェース、実空間インタフェース


講義概要

人のコミュニケーションによるまちの活性化に重点を置き計画されるまちづくりが注目されている。本講義では、まちの住民、来街者、運営者それぞれの視点からみた、このようなまちづくりの社会的意義について論じる。また、まちづくりにおいて、導入が進められているICT(情報通信技術)について解説し、消費者行動の把握、まち空間のソーシャルグラフの生成、環境情報の利用などについて、事例を交えながら紹介する。

同じ科目・コースの番組(専門科目/生活と福祉)

ページ上部へ戻る