2021/10/08 14:28更新

アイコンについて

ヨーロッパ文学の読み方-近代篇第2回

講師
  沼野 充義
   (名古屋外国語大学副学長)
  野崎 歓
   (放送大学教授)
放送日時
【木曜日 18:00~18:45】

今回の授業内容

ブロンテ『嵐が丘』を読む。【キーワード】恋愛小説、ゴシックロマンス、女性文学


講義概要

世界文学の根幹部分を形作った、ヨーロッパ近代の文学作品について、それぞれの作品の鍵となる部分を取り出して「読み方」を具体的に解説する試み。時代としては、16世紀のセルバンテスやシェイクスピアから、20世紀はじめ(第2次世界大戦前)までを扱う。アメリカ文学をも含む広義のヨーロッパ文学について、横断的に読解していく内容となる。

同じ科目・コースの番組(専門科目/人間と文化)

ページ上部へ戻る